動物および魚類副産物用の分離デカンタ 遠心分離機(セパレーター)、遠心機 遠心分離機.com

トピックス

動物および魚類副産物用の分離デカンタ

 魚類および食肉産業には、分離デカンタ (または 2 相デカンタ) をベースとしたプロセスが多数存在しています。魚類の処理の場合は、魚のプレスウォーターを清澄化する従来のプロセスおよびすり身の製造で洗浄工程後にすり身を脱水する処理などで 2 相デカンタが使用されています。また、すり身のプレスウォーターも清澄化され、洗浄水から貴重な製品が回収されます。動物副産物の処理では、当社の分離デカンタを主に脂肪の精製工程 (湿式レンダリング、乾式レンダリング、および血粉の回収) で見ることができます。

 魚類でも食肉でも: 当社の新しい GEA ecoforce デカンタには、2 つの分野で困難なことが多い作業条件に対処するための最適な設計がなされています。
魚類および動物の副産物製造産業のプロセスでは通常、衛生的設計および材料の堅牢性と耐食性に、特に厳しい要件が課せられます。このようなタスクはこれまで、GEA の ecoforce 世代の設計によって解決されています。そして、高性能なステンレス鋼、清掃を容易にする特殊なシュート設計、重要なポイントに設置されたスプレーノズル、および高品質な耐摩耗部品が設置されています。また、ギアボックスも、必要以上に製品によって加熱されないように、接液部の外に配置されています。GEA では、ボウルベアリング用の自動注油装置を提供しています。これはさらに、機械の信頼性を向上させ、グリース潤滑と比較して手動による保守作業の量を減少させます。これによりシステム全体が安定化し、運用コストの面でもより魅力的です。

機能と利点
• 外付けギアボックス
• 厳しい要求に応えるためのベアリングの自動注油
• 耐摩耗性
• 安定性
• 接液部はステンレス製
• CIP 機能、スプレーノズル、および衛生的設計

遠心分離機.com GEAジャパン株式会社
お問い合わせ