動物の血液から血漿やミールを回収するための分離装置 遠心分離機(セパレーター)、遠心機 遠心分離機.com

トピックス

動物の血液から血漿やミールを回収するための分離装置

屠殺場用小型モデル〜商業スケールの血液処理用全自動高性能遠心分離機

 動物の血液を血漿やミールに加工することは、屠殺場の収益性をさらに向上させる可能性があります。特に血漿は、貴重な成分が含まれており、様々な産業からの需要が非常に高いため、有益なチャンスを得ることができます。血漿は、食品分野だけでなく、医薬品やペットフード業界でも添加物として使用されています。

高価値のタンパク質源

 抗凝固剤を添加した血液を分離すると、血漿は軽い液体成分として回収されます。これは、必須アミノ酸の割合が非常に高いタンパク質を7〜9%含んでおり、それに応じて高い栄養価を有しています。回収された血漿は、そのまま処理してもよいし、血漿粉末を作るためにさらに処理してもよい。動物の血液を分離した後の残りの相は、濃縮物であり、これを乾燥させてブラッドミールを作ることができます。

GEA plasmaprimeと小規模血液処理用機器

 GEAは、小規模な血液処理業者(例えば小規模な屠殺場など)向けに操作や取り扱いが簡単な小容量のエントリーレベルの分離機を提供しています。小型・大型を問わず、当社の分離機は衛生的な設計で、高品質の食品用血漿が得られます。小型のplasmaprimeセパレータは、お客様が血漿を回収することで屠殺プロセスに付加価値を付けられるように、シンプルさに重点を置いています。当社のセパレータは取扱いが容易です。

特徴とメリット

-接液部はステンレス製
-食品用ガスケット
-食品用途に認可された潤滑油の使用
-操作、取扱いが容易
-大流量用セパレータでは全自動洗浄・運転が可能

遠心分離機.com GEAジャパン株式会社
お問い合わせ