遠心分離機 油脂精製のための分離機RSE / RSI 遠心分離機(セパレーター)、遠心機 遠心分離機.com

トピックス

遠心分離機 油脂精製のための分離機RSE / RSI

 GEAセパレータは植物性油脂、動物性油脂の脱ガム、中和、脱ロウに使用されています。

 この業界における当社の遠心分離機の特殊な用途として、ソープストックの分割、使用済み食用油の処理、高品質レシチンの生産のための粗油とミセラの清澄化に使用されています。さらに、トランスエステル化プロセス(例:バイオディーゼル製造)、脂肪酸の分別、さらにはオレオケミカル的な用途にも使用されています。

分離の微調整

当社の植物油精製用セパレータは、求心ポンプとチューブを組み合わせたGEAファインチューナーを採用しています。従来の求心ポンプと比較して、分離調整能が大幅に向上しているのが特徴です。ファインチューナーの直径の調整は、手動のハンドホイールまたは制御装置からの空圧アクチュエータで行うことができます。

GEAのインテグレイティッドダイレクトドライブで最大の稼働時間を実現

従来のギアドライブ、トルク制御されたモーターからボウルのスピンドルにフラットベルトで動力を伝達するフラットベルトドライブ、モーターがスピンドルに直接取り付けられたダイレクトドライブ、そしてGEAのドライブ技術の最新の進化であるインテグレイティッドダイレクトドライブです。インテグレイティッドダイレクトドライブもまた、モーターの動力を直接ボウルに伝達しますが、こちらのモーターは遠心分離機のハウジングに組み込まれています。

これにより、当社のセパレータは最大で35%の省スペース化と低騒音を実現しました。技術コンセプトがシンプルになり、部品の数と種類が減りました。メンテナンスのためのダウンタイムを大幅に短縮することができます。

最高の収量を得るための優しい製品処理

GEAが開発したハイドロヘルメチックフィードシステムは、ガムや石鹸粒子を破砕してしまうような高い剪断力から製品を保護し、その結果、分離効率が良くなります。特に洗浄工程や脱ロウ工程では、乳化を防ぐことができます。また、蒸気シール(液体によるシール)により、蒸気が供給部から求心ポンプチャンバーにバイパスするのを防ぎます。これは、より高い分離温度(90°以上)の場合にプラスの効果があります。

遠心分離機.com GEAジャパン株式会社
お問い合わせ