パン酵母・酵母エキス用ノズルセパレータ 遠心分離機(セパレーター)、遠心機 遠心分離機.com

トピックス

パン酵母・酵母エキス用ノズルセパレータ

 酵母......未知の存在。かつてはこのようなことがありました。今日では、さまざまな種類の酵母が知られています。食品、医薬品、バイオテクノロジー、化粧品など、さまざまな分野で利用されています。酵母の大きさはわずか5〜10μm程度ですが、その中には信じられないほど多種多様な貴重な成分が含まれています。

GEAの酵母分離機 - 100年以上に渡る絶え間ない技術革新

 1904年、GEAは最初の酵母分離機を開発しました。ちょうど1年後の1905年には、1台あたり125 l/hの能力を持つ20台の酵母遠心分離機が酵母工場に納入されました。滑り軸受が1921年にボールベアリングに置き換えられたとき、機械の能力は急速に増加しました。最初の求心ポンプ機であるHD 50は、清澄液を圧力下で排出することを可能にしました。このソリューションにより、分離プロセス全体が大幅に簡素化されました。1983年には、GEAは世界最大の酵母分離機をリリースしました。

ビスコンノズルによる安定したプロセス条件

 その後、製品の濃度・流量変動に柔軟に対応でき、最終製品の濃度を常に高く保つことができるシステムが重視されるようになりました。1990年にはviscon®システムが登場しました。このシステムは、濃縮酵母の自動粘度調整機能(粘度調整ノズル)を備えたセパレータで、濃縮酵母はセパレータから圧力下で排出され、インラインシステムになっています。

自動流量制御(重液)のHFxセパレータシリーズ

 粘度調整ノズル(viscon®)の開発により、供給条件の変化に応じてセパレータのパラメータを調整する煩わしさから解放され、重液側固形分濃度が一定になりました。HFシリーズのノズルセパレータは、パン酵母と酵母エキスの製造における最先端の技術を代表するものです。旋回チャンバーと出口側の排出ノズルから構成され、これらの特殊なノズルは自動的に流量を調整します。例えば、出口の濃度が低すぎると、重液流量が減少して濃度が上昇します。一方、濃度が高すぎる場合は、ノズルが重液流量を増加させ、それに応じて濃度を減少させます。

特徴とメリット

-ノズルセパレータは、あらゆる流量に対応できるように、様々なサイズのものを豊富に取り揃えています。
-特殊なviscon®ノズルを使用しているため、供給条件が変化しても重液吐出濃度を一定に保つことができます。
-ハイドロヘルメチックフィードとボウルトップの吐出ノズル配置(内ノズル)によるせん断力の回避
-濃縮物(重液)と清澄液(軽液)が求心ポンプで排出される結果、インラインでの製品の取り扱い
-CIP対応

メンテナンスが容易なフラットベルトドライブが標準装備されています。大型のセパレータにはGEAのダイレクトドライブを装備することもできます。
-高効率
-小さなフットプリント
-ベルトの張り替えがないため、メンテナンスがさらに容易です

遠心分離機.com GEAジャパン株式会社
お問い合わせ