発電所向け手洗い型遠心分離機 遠心分離機(セパレーター)、遠心機 遠心分離機.com

トピックス

発電所向け手洗い型遠心分離機

 ソリッドボウルと求心ポンプを使用した手洗い型遠心分離機は、小型船のディーゼル油と潤滑油の処理に現在数多くご使用いただいております。これらは、0.01 vol% 以下と固形分含有量が低い油の清浄または清澄に適応します。

 運転中、タービン潤滑油には燃料残渣などにより汚れが生じます。 回転部または周度部から微細な金属粉や粉塵、凝縮水、分解生成物などは潤滑油の貯蔵タンク内で沈殿します。 さらに、潤滑油は燃焼により生じた酸が入る可能性があり、不純物と反応することで油が劣化する原因となります。
 
 金属摩耗から生じた金属粉を除去する他、潤滑油中の水を十分に分離除去し、油の劣化を防止することは重要です。
この目的のために遠心分離機による清浄と清澄は、効率的で経済的な手段となります。

主な利点 :
• 固体および混合液体を効率的に分離
• 潤滑油の寿命を大幅に延長
• 潤滑油新替費用を大幅に削減
• 廃棄費用を低減
• ベアリングの磨耗を軽減
• 不意な機器停止の防止

遠心分離機.com GEAジャパン株式会社
お問い合わせ