遠心分離機 発電用セパレータ 遠心分離機(セパレーター)、遠心機 遠心分離機.com

トピックス

遠心分離機 発電用セパレータ

 GEAの遠心分離機は、タービンやディーゼルエンジンの燃料・潤滑油処理に発電所で多く使用されています。発電機の円滑な運転には、精密な分離が不可欠です。その結果、信頼性が高く、費用対効果の高いエネルギー供給と天然資源の効率的な利用が可能になります。電力供給が途切れることなく行われるために、あらゆる負荷条件でトラブルなく、効率的かつ確実に動作するシステムが必要となります。

 極寒の地にある発電所は、灼熱の砂漠地帯に設置されている発電所とは根本的に異なる環境条件にさらされています。地域により、発電所のガスタービンやディーゼルエンジンに供給される燃料油の質の大きく異なります。悪条件ではさらにその処理が難しくなります。しかし、目標は共通しています:エネルギーは例外なく24時間絶え間なく供給し続ければなりません。

 発電所のコンセプトは、すべての条件においてトラブルなく、効率的に、そして環境にやさしいものでなければなりません。タービンやディーゼルエンジンの燃料や潤滑油を連続的に確実に処理することは、信頼性の高い電力供給への鍵となります。

 処理システムの基本設計は、使用される燃料油や潤滑油の性状に適したものにするため綿密な作業を行っています。例えば、セパレータは、排ガスによる高温腐食を引き起こす可能性のある微量な元素を燃料から分離除去します。燃料の脱塩と固形物の分離により、腐食を技術的に実現可能な最小限に抑え、信頼性が高く、スムーズな運転を保証します。水分、摩耗、不純物も同様に、プラントの寿命に悪影響を及ぼします。最悪の場合、予定外の停止や高額な故障費用が発生するリスクがあります。

 GEAの処理システムは、常に高い可用性を保証するように設計されています。すべての分野において、OSEセパレータは新たな次元に突入しています。

確実な運転のために
-ディーゼルエンジンとガスタービンの燃料油処理
-潤滑油処理
-油-水-固体の混合物処理

特徴と利点:
-高温処理
-高い遠心効果
-セパレータ1台で80m3/hまでの処理が可能
-最大限の分離効率
-頑丈で、優れた耐久性
-優れた経済性
-ユニットロールプラス
- 自動監視・制御のためのセンサーシステム
-無人化運転に対応
-高い信頼性

遠心分離機.com GEAジャパン株式会社
お問い合わせ