でんぷん業界で使用されるデカンタの用途 遠心分離機(セパレーター)、遠心機 遠心分離機.com

トピックス

でんぷん業界で使用されるデカンタの用途

でんぷん業界で使用されるデカンタは、原材料に応じてさまざまなプロセス段階で設置されています。

 ポテトおよびタピオカの場合、デカンタはフルーツウォータの分離およびパルプ、ファイバの脱水に使用します。コーンスターチの場合、GEA のデカンタは細繊維およびグルテンの脱水に使用します。ポテトおよびタピオカのでんぷんプロセスの場合は、フルーツウォータと共にタンパク質およびガムをでんぷん回収プロセスで可能な限りすばやく除去することが重要です。
 デカンタでは、その強い遠心分離力と共に、フルーツウォータとガムまたはタンパク質の分離で最高の性能が得られます。コーンスターチプロセスでは、繊維およびグルテンが脱水されるので、乾燥段階のエネルギコストが減ります。

機能と利点
• 大きなG−Volumeと高速による卓越した処理能力および分離効率
• 常にフルトルクであるため、常に高性能
• 差速制御範囲が大きい
• トルクおよび差動速度が自動で最適化されるため、供給条件とは無関係に乾燥物質が常に最大
• 強力な保護潤滑システム、ギアボックス保護、高品質の摩耗保護機能を備えた高信頼性の堅牢な技術
• エネルギ効率のよい運転: 駆動システムの変換損失がない
• 食品グレードの設計による衛生処理

遠心分離機.com GEAジャパン株式会社
お問い合わせ