飲料向けセパレータ 遠心分離機(セパレーター)、遠心機 遠心分離機.com

トピックス

飲料向けセパレータ

GEAのセパレータは、柑橘系ジュースの脱油や柑橘油エマルジョンの分離に使用されます。

 この GEA の分離機は、柑橘系ジュースの脱油と柑橘油エマルジョンの分離向けに設計されました。幅広い分離用途に適用できるように、さまざまな方法で設計上の変更が可能です。
 処理液は、専用のライジングチャンネルを通って分離機ボウルのディスクスタックに供給されます。ライジングチャンネルの位置は、清澄された状態で回収される液相に応じて決められます。たとえば、油と水の混合物の場合、重液相 (水) 回収では、ライジングチャンネルはディスクの内リム近くになります。しかし軽液相 (油) 回収の場合は、ディスク周辺近くになります。どちらの液相も同等の純度で得たい場合、ライジングチャンネルはディスクスタックの中央になります。
 分離効率と製品品質は、このようにして用途に応じて調整されます。この目的に向けて、ボウル上部に2つのセントリペタルポンプが設置されます。両方のペアリングディスクは分離された液体相で浸され、液相は加圧下で吐出されます。分離された固形沈殿物は、ボウルの固形分保持スペースに入ります。この設計により、3 相分離が可能になります。セルフクリーニングボウルを搭載した機械は、全自動 CIP 洗浄に最適です。

遠心分離機.com GEAジャパン株式会社
お問い合わせ